スポンサーリンク

自作シーソー。我が家バージョン。

2019年9月6日

どうも素人DIYです。
って事で今回は自作遊具シリーズのシーソー。結構前にそれらしき事も書いてるんですが
ちょいと違う我が家バージョン。ちなみに前回の記事は(こちら)。
使用する材料は学習机で余った合板。結構な特殊事例なんですが・・・普通はツーバイ材かなと。
とりあえず完成写真を。
合板は駄目ね、1年で腐りましたが・・・
多分ですがメンテナンスしてもダメだったと思われます。。。
そんな事は気にせず行きましょう。
まずはこんな感じに。合板で作ってるんで無駄に補強しまくってます。
ツーバイで作る場合は、ここまでの補強はいらないかなと。
ただ3m位の長さは欲しいので図の通り真ん中で継いで上下サンドイッチの補強がいいかなと。
中心に荷重がかかるので、ここをサボるとお疲れさまに。
ただ壊れるならいいんですけど、子供が怪我したら大変です。
これは裏側。
垂木的な2本の木材は垂木止めクランプを固定する為です。
ここら辺がツーバイだと改造が必要かなと。
僕は20センチ幅の合板で作ってるんでツーバイフォーだと収まらないかなと。89ミリですんで。
2本横並びで作れば問題ないかなと。
赤色の物が垂木止めクランプ。それに単管パイプを固定します。
そして箱に合体。箱のサイズは40センチ×30センチ位?かなと。
30センチの方が背の低い板のほうです。
垂木止めクランプの隣に適当なクランプを固定します。
単管パイプがずれて落ちない為の物です。実際の画像の方がわかりやすいので。
こんな感じに両サイドクランプを固定してます。さっき箱のサイズを言いましたが
実際には稼働部分の単管パイプの長さに合わせて作った方が良いかも。
そっちの方が綺麗におさまります。
そして背中の部分。長さは任意で。
壊れると危ないので強度はそれなりにいるかなと。
とりあえず、上下に木材を固定して、そこに木材をどんと固定する感じが簡単かなと
後は持ち手の部分。これも好きな形で良いかなと。
ただ手で持つところ何で、木のささくれには注意を。
ついでに背中の板の下の部分にゴムの板的なのを貼っとくと衝撃の緩和に。
木材だと衝撃が激しいです。後、破損にもつながります。
遊具で大切なのは子供が怪我をしない事なんで。
こんな感じで僕は作ってますが参考程度に。
DIYって作り方を悩んでる時が最高なんで悩みながら作るのがベストです。
ただ単管パイプの所の構造は我ながら素晴らしいかなと・・・
後、何気にブランコも悩み中ですが作ってますのでよろしくお願いします。
記事は(こちら)から

スポンサーリンク