どうも、素人DIYの時間です。
前回に引き続き電気工事の修行です。

ちなみに前回のスイッチ編は(こちら)から

今回はテレビドアホンとテレビコンセントの取付です。

今となってはテレビドアホンって家の必須アイテム的な存在ですよね。
今回取り付けたのがこちら

IMG_0199

パナソニックのやつ。画面が大きくないので高級タイプではなさそうです。

取付じたい簡単で

IMG_0201

こんな感じでベースを取り付けて線をつなぐだけ。
これまた電線剥きすぎとと注意をうけましたが・・・

右側が100Vで左側がピンポンって押す所に行ってます。
4芯ケーブルやったんですが2芯は予備的な存在かなかと。

そしてテレビドアホンの本体の裏は

IMG_0202

こんな感じに。
結構ケーブルをさす所がありますが使うのは2カ所という悲しい事実。
そもそも普通の家でこんなにさす所が必要かなかと疑問ですよね。

そんな事は気にせず

IMG_0203

写真が上下反対ですが・・・
こんな感じで接続しました。写真をよく見てもらえば分かると思いますが
ストリップゲージの記載があります。
電気の部材って必ずと言っていいほど記載されてるんですよ。
それほど大切な事かなかと。火事が起きたら笑えんですもん。

後はスライドしてはめ込むだけ

IMG_0205

完璧やん!!!天才やん!!!って言いたいけども
これ誰でも出来るね・・・

続いて屋外を

IMG_0204

裏面はこんな感じで、右側の1・2の所に接続するだけです。

でもね

プロの方が取り付けてたという・・・
お手伝いの身なもんで何にも言えませぬ。

続いてテレビコンセント。

IMG_0206

これが同軸ケーブルって言うテレビ用的な電線です。
普通の電線とは違い中身の構造が違うんですよ。

cable-dannmen

こんな感じに。
これに接栓と言われる部材を取り付けるんですが結構難しいですよ。

IMG_0207

これがシースと外部胴体2と外部胴体1を剥いた状態。
やり方は単純で縦方向と横方向にカッターで切れ目を入れて、ペンチで取り除くんですが
力加減が難しいんですよね。

力を入れすぎると写真に写ってる白い部分も切ってしまうし
力が弱いと外部胴体2のモケモケみたいなのが大量に残るという・・・

僕的には昔ながらのネジで閉める方が好きかなと。
そして接栓をペンチでグリグリとねじ込んだら

IMG_0209

ペンチでリングみたいなのをギュッとしたら出来上がりです。
真ん中の銅線はもう少しカットやったかな。

後はテレビコンセントに接続するだけ

IMG_0210

そして壁に固定すれば

IMG_0211

上手です!!!

今回のテレビコンセントは4K対応ではないみたいらしい。
何気に4K対応の方が後々良いような感じがするけど予算的な感じの話もあるのかなかと。
お手伝いの身なので何も言えません。

ちなみに分配器も取り付けたんですが

735FE7EF-7A4F-496C-9CF7-292C505EF885

まさかの4K対応でしたが・・・

こんな感じで電気工事の修行は終わったんですよ。
本当感謝しかないですよ。

業者の人に今度もよろしく的な言葉を貰った時は嬉しかったかなと。

ちなみに僕は電気工事士の免許を持ってるんでご安心を。しかも無駄な1種の。
では、現場からは以上です!!!

Twitterやってるんでよろしくです。